手間のかかる消し込みは専門業者に丸投げするべし

従業員

情報漏洩の可能性

Eメール

慣れが怖いです

ITインフラが整備されるにつれ、注目を集めるようになっているのが情報セキュリティです。電子データは遠く離れた人でも簡単に見られたり、メールに添付して送信すれば相手がどこにいようが数秒で資料を共有出来たりと非常に便利です。ただ、その便利さ故に気を付けないといけないのが、情報漏洩です。郵便や宅急便で送る場合、例え相手先の住所を一文字間違えても相手先に届くことが多いですが、メールで送付する場合はメールアドレスを一文字間違えてしまうと、全く意図しない相手に誤送信になってしまう可能性が高いです。もし、そのメールに機密情報を添付していたらと考えると、誤送信は情報漏洩の大きなリスクになります。メール誤送信で厄介なのが、一日に送信するメールの数が非常に多い業務の場合、いくら気を付けてもチェックをすり抜けてしまう可能性がある事です。人間の集中力には限界があるため、誤送信全てをチェックする事は非常に難しいです。そのため、対策として企業で導入が進んでいるのがチャットツールです。チャットツールでデータを送信する場合、まずは相手と接続するという作業が入ります。この時点で相手先名称が出ますから、間違えていればまずこの時点で気が付きますし、相手先に送信したら本当に届いているか直ぐに確認できるのも優れている点です。また、最近のチャットツールにはデータを送信する際に自動的に暗号化を施してくれる機能が付いているものも多いため、セキュリティ対策としても優秀です。チャットツールは会話をするだけでなく、情報漏洩対策としても優秀なツールですから、今後とも導入する企業は増えていくと思われます。

Copyright © 2017 手間のかかる消し込みは専門業者に丸投げするべし All Rights Reserved.